原子力人材育成と加速器で変わる世界

主催:早稲田大学・東京都市大学共同原子力専攻
共催:早稲田大学理工学術院、早稲田大学理工学術院総合研究所
日時:2024年3月23日(土)
受付開始12:30/講演会13:30~18:10/情報交換会18:15~19:30
場 所:(講演会)西早稲田キャンパス63号館203・204・205会議室(連結)
   (情報交換会)西早稲田キャンパス63号館1階ロームスクエア

ご案内PDF文書のダウンロード

本シンポジウムは早稲田大学理工学術院が運営する未来エネルギー人材育成プログラムおよび早稲田大学と東京都市大学の連携を中心とする未来エネルギーフォーラムの活動の一環のシンポジウムシリーズとして開催しています。2010年の早稲田大学―東京都市大学の共同大学院設立以来、早稲田大学と東京都市大学が相互に開催してきました。今回は2022年度の第17回の東京都市大学主催のシンポジウムに引き続き「原子力人材育成と加速器で変わる世界」をテーマに、原子力人材育成と新しい技術や今後の発展に向けた課題を幅広く情報交換し、議論することがねらいです。

プログラム

  1. 開会の挨拶(13:30-)
    司会:早稲田大学理工学術院先進理工学研究科共同原子力専攻 山路哲史
    後藤 春彦 早稲田大学 副総長
    野城 智也 東京都市大学 学長
    菅野 重樹 早稲田大学 理工学術院長
  2. 基調講演 原子力人材育成の課題と展望
    13:45 – 14:25「原子力と人材育成」
    上坂 充 内閣府原子力委員会 委員長
    14:25 – 15:05「ネットワーク形成を通じた高専における原子力人材育成の展望」
    高田 英治 国立高等専門学校機構 研究総括参事
    15:05 – 15:45「基礎基盤研究・軽水炉安全性向上研究と人材育成 -人材×能力発揮の場-」
    大井川 宏之 日本原子力研究開発機構 理事
    休憩(15:45 – 16:00)
  3. 技術報告 加速器で世界を変える
    司会:早稲田大学理工学術院先進理工学研究科共同原子力専攻 古谷 正裕
    16:00 – 16:30「高温超伝導コイル技術の現状とがん治療用サイクロトロンへの応用」
    石山 敦士 早稲田大学理工学術院 教授
    16:30 – 17:00 「国際リニアコライダー計画で変わる科学・技術・社会」
    栗木 雅夫(広島大学教授/日本加速器学会会長)
    17:00 – 17:30「加速器による核データ研究の進展」
    岩本 信之 日本原子力研究開発機構 研究主幹
    17:30 – 18:00「加速器が切り拓く先端科学と産業応用」
    鷲尾 方一 早稲田大学理工学術院 教授
  4. 閉会の挨拶(18:00-)
    鹿又 宣弘 早稲田大学 理工学術院先進理工学研究科長
    田口 亮 東京都市大学 副学長・大学院総合理工学研究科長
  5. 情報交換会(18:15-19:30) (63号館1階ロームスクエア)
    司会:東京都市大学大学院総合理工学研究科共同原子力専攻 大鳥 靖樹

参加申込

期限:2024年3月14日(木)
参加費:無料
Googleフォームより参加申し込みください。

お問い合わせ

mirai-energy18[at]list.waseda.jp ([at]を@に置き換えてください)
お申込みの確認やお問い合わせへの回答には数営業日を要する場合があります。
お急ぎの場合:山路哲史(akifumi.yamaji[at]waseda.jp)([at]を@に置き換えてください)
アクセス:東京都新宿区大久保3-4-1西早稲田キャンパス
https://www.waseda.jp/top/access/nishiwaseda-campus